The only Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki specialty store in the metropolitan area

有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑

有田焼 照井一玄 青白磁面取 ぐい呑

Regular price
$84.52
Sale price
$84.52
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

作品説明

有田焼・岳窯、照井一玄のぐい吞みです。考古学の授業で焼き物に深い興味を持ち、早稲田大学卒業後に佐賀県、有田にて奥川忠右衛門・井上萬二両氏のもとで修業を積み、昭和50年に日本伝統工芸展で初入選して以来、数々の展覧会で入選。その後、母校である早稲田大学で個展を開き、平成5年から県立有田窯業大学でろくろの指導を行うなど、多方面で活躍しています。

有田焼とは、佐賀県西部(有田町、伊万里市)で17世紀に日本で初めて作られた磁器のことで、まるで透き通るように白い磁肌を最大限に活かした作品や、様々な技法を用いた華やかな絵付けが特徴的です。耐久性が高いため、美術品から日用品など幅広く様々なものがあります。

白い磁肌に淡い青色の釉薬が織り交ぜられた、彩色美しいぐい吞みです。表面には面がはっきりとられており、若干くぼみがあるため持ちやすく、職人の精緻な技術によりひとつひとつ手仕事で作りこまれています。シンプルさの中に強いこだわりが感じられるデザインのうつわです。

また、照井一玄氏の作品は多数に渡り、佐賀県・有田町の「ふるさと納税」の返礼品として選定されており、個人・ご家族用としてはもちろん、記念品としてや様々な贈り物としても喜ばれることは間違いありません。

職人の見事な技術と作品に対するこだわりが感じられるぐい吞みは、普段の何気ないひとときも一瞬で特別な時間へと変えてくれることでしょう。是非、日本を代表する伝統工芸品として名高い有田焼のうつわを手に取ってお使いいただき、なにげない日々の日常を楽しく彩ってみませんか。

作家:照井一玄

昭和18年 岩手県花巻市土沢生まれ

昭和42年 早稲田大学教育学部卒業後、貝山製陶所・源右衛門窯にて修行

昭和44年 初代奥川忠右衛門氏に師事

昭和46年 井上萬二氏に師事

昭和50年 日本伝統工芸展初入賞(以降9回入選)

昭和53年 日本工芸会正会員になる

昭和56年 独立『岳窯』開く

昭和61年 日展初入選(以降22回入選)

平成2年 フレッチャーチャレンジ・国際陶芸展入選

平成5年 佐賀県立有田窯業大学校嘱託就任

平成6年 以来数度に亘り、中国・耀州窯・鞏県窯・鈞窯・宜興窯・景徳鎮窯・吉州窯・定窯・磁州窯・老虎洞窯・龍泉大窯・金村窯・渓口窯・大口窯・水吉建窯・遇林亭窯・茶洋窯・徳化窯屈斗宮・同安汀渓窯等中国古窯跡視察

平成9年 日展会友になる/第2回アジア工芸展文部大臣賞

平成12年 早稲田大学にて個展とワークショップ開催/大英博物館陶芸展出品後収蔵

平成14年 国際陶磁器展美濃入選

平成16年 佐賀県知事表彰「優秀技能者」ドイツ有田陶芸展出品

平成17年 ノルウェーにて展示会・ワークショップ

平成24年 佐賀県展運営委員(’13 ’14)

個展40回開催 

日展会友

佐賀県陶芸協会会員

有田陶芸協会会員


作品詳細

寸法

直径6cm×高さ4.5cm

電子レンジ 不可
食洗機
不可