The only Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki specialty store in the metropolitan area

有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ
  • Load image into Gallery viewer, 有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ

有田焼 宮崎祐輔 赤絵更紗駱駝文フリーカップ

Regular price
$117.36
Sale price
$117.36
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

作品説明

有田焼・谷鳳窯、宮崎祐輔のフリーカップです。佐賀県嬉野町の琥山窯で陶技の基礎を教えを学び、独立後は400年以上前から続く肥前磁器の窯場の一つ、吉田皿屋に谷鳳窯を開窯。中国を旅行したときに感じた西域への想いを作品に表現しており、様々な展覧会で入賞、個展を開き、佐賀陶芸協会理事を務めるなど多方面で活躍しています。

有田焼とは、佐賀県西部(有田町、伊万里市)で17世紀に日本で初めて作られた磁器のことで、まるで透き通るように白い磁肌を最大限に活かした作品や、様々な技法を用いた華やかな絵付けが特徴的です。耐久性が高いため、美術品から日用品など幅広く様々なものがあります。

赤絵により、なびくように美しく描かれた更紗模様と、独特な駱駝の絵柄が、職人の精緻な技術により、ひとつひとつ丁寧に手仕事で描かれています。更紗とはインド発祥の木綿布のことをさし、紀元前2000年頃に栄えたモヘンジョダロの遺跡から、インド更紗と思われる布が発見されているなど古い歴史があります。また、駱駝は、昔からシルクロード周辺では、繁栄と健康を意味する縁起もの、として称えられており、大変縁起の良い絵柄です。

フリーカップのため、お酒やソフトドリンクなど、汎用性高くお使いいただけるほか、飲み口が広く作られているため飲みやすいデザインになっています。

個人・ご家族用としてはもちろん、幅広い用途でお使いいただけ、大変縁起のよい意味が込められている絵柄のフリーカップは記念品として、また様々な贈り物としても喜ばれることは間違いありません。

職人の見事な技術とセンスが感じられるデザインのフリーカップは、普段の何気ないひとときも一瞬で特別な時間へと変えてくれることでしょう。日本を代表する伝統工芸品として名高い有田焼のうつわを手に取っていただき、遥か遠く中国の西、悠久の時を経て受け継がれ続ける雄大なシルクロードの魅力と、エキゾチックな文化を体感してみませんか。

作家:宮崎祐輔

1954年 佐賀県嬉野市に生まれる  
1974年 20歳で日本伝統工芸展に初入選以後25回入選 
1975年 日本陶芸展に初入選以後6回入選   
1976年 現代日本陶芸展 招待出品  (ニュジーランド・オーストラリア)
1977年 谷鳳窯を開窯
1978年 24歳で日本工芸会正会員推薦される
1981年 西日本陶芸展 知事賞  
1982年 中国外遊(敦煌、大同、洛陽、西安、)
1983年 中国外遊(桂林)
1988年 吉田2号窯発掘調査(佐賀県立九州陶磁館)
1990年 パキスタン外遊(フンザ、チラス、ペシャワール)
1994年 モロッコ外遊
2000年 STSサガテレビ(陶美を求めて)シルクロードに魅せられて 放映
2000年 大英博物館   出品、寄贈    
2002年 トルコ外遊
2009年 『工芸いま 伝統と創造 九州・沖縄の作家たち (九州国立博物館)

東京・大阪・福岡その他全国各地にて個展開催

日本工芸正会員
日本工芸西部支部幹事
佐賀陶芸協会理事


作品詳細

寸法
直径9cm×高さ11.5cm
電子レンジ 不可
食洗機
不可