The only Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki specialty store in the metropolitan area

京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿

京焼・清水焼 空女 華薩摩豆皿

Regular price
$353.30
Sale price
$353.30
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

作品説明

京焼・清水焼の作家、空女の豆皿です。

細部まで繊細に描かれた複数の縁起の良い模様、デザインや金彩と色彩が非常に鮮やかで特徴的なうつわです。華麗で緻密な色絵と、とても人の手で描かれたとは思えない超絶技巧。空女ならではの作品に対する強いこだわりが感じられます。

工房では複数の職人が得意な絵柄や作業を各自分担しており、それゆえに空女の作品はどの作品も完成度が非常に高く、出来上がりまでに長い時間がかかっています。

そのクオリティの高さから作品を多く制作する事が難しいため、あまり市場に出ておらず希少価値が高い逸品となっています。

豆皿として調味料や薬味などを盛ってお使いいただくことはもちろん、箸置きや小物入れとしてお使いいただいても素敵に映えます。

高級感あふれる特別な豆皿で最上級のラグジュアリーな時間を過ごしてみませんか。

作家:空女(小野多美枝)

空女の華薩摩は、京薩摩の技法を伝承する作品で、京薩摩との違いは磁器に錦手・金襴手の細描を施している点にある。
その技法は仁清などの土ものの生地に描くのに比べて磁器に描くのは困難といわれ、その中でも細かい図柄は特に難しいとされている。
京薩摩の技法にこだわりつつも古くからある京薩摩の写し文様にとどまることなく、独自のデザイン・発想で新しい展開をみせている

1955年 京都に生まれる
1978年 京都府陶工訓練校卒業
1979年 清水焼窯元に絵付師として就業
1996年 京都伝統工芸大学校 絵付講師就任
2001年 絵付作家として独立
2012年 京都美術工芸大学 陶芸学部 絵付講師就任

作品詳細

寸法
直径6.7cm×高さ1.2cm
電子レンジ
不可
食洗機
不可