The only Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki specialty store in the metropolitan area

京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿

京焼・清水焼 森里陶楽 紫翠紋・双花紅茶碗皿

Regular price
$119.79
Sale price
$119.79
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

作品説明

京焼・清水焼の窯元、森里陶楽の紅茶碗皿(カップ&ソーサー)です。

細かい印華紋に緑、茶、白の三彩が良く調和しており、優美な形の取っ手が特徴的なデザインになっています。セピアの色合いがとても上品で人気の高いうつわです。

線彫りや刻印で連続紋様を施し、白土を埋め込んだ印花という伝統的な技法が用いられており繊細かつ上品に仕上げられています。飲み口が大きく広がっていて紅茶用のカップとして伝統的なデザインであり、お茶の香りがふわりと広がります。

個人・ご家族用としてお楽しみいただくのはもちろん、独特でどこかレトロな一面が感じられる個性的なデザインとなっているため、贈り物としても喜ばれることは間違いありません。和食器ではありますが、洋食器として使用しても全く違和感ありません。

普段の生活に欠かすことのできない食事の時間や少し休憩したいときなど、まるでアンティークのように美しいうつわで優雅なひとときを過ごしてみませんか。

※本作品は土物のため、色合いが個々に異なります。ご了承ください。

作家:

初代陶楽 森川留吉
三重県伊賀丸柱にて生まれる
岡山県伊部にて作陶を学ぶ
京 東山五条にて開窯し色絵茶陶を中心に作陶する

二代目陶楽 森川良三
1926年3月 五条坂にて生まれる
京焼 清水焼伝統工芸士の称号を受ける
京焼 清水焼展にて通産省大臣賞をうける
京都府知事より優秀技能者(京の名工)の表彰を受ける
労働大臣より卓越技能者(現在の名工)を受ける
勲六等褒章叙勲を受ける

三代目陶楽 森川秀夫 現当主
1959年4月 京都にて生まれる
1977年 京都市日吉が丘高校美術コース日本画卒業
1981年 京都府陶工高等専門学校卒業
同年、手塚玉堂に師事
二代目陶楽の元で作陶を始める
工学博士山本徳治氏の釉薬研究所「美泥塾」に入塾する
京焼・清水焼伝統工芸士の称号を受ける
1996年 三代目陶楽を襲名
京焼・清水焼伝統工芸士の称号を受ける
全国伝統工芸品にて日本商工会議所会頭賞を受ける
日本橋高島屋をはじめ全国各地で個展を開催

作品詳細

寸法
碗直径9cm×高さ5.5cm
皿直径16cm×高さ2.5cm
電子レンジ
不可
食洗機
不可