首都圏で唯一の京焼・清水焼専門店

矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗

矢野正三(碧黄石窯)八角飯碗

通常価格
¥24,000
販売価格
¥24,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

作品説明

京焼・清水焼の窯元、碧黄石窯の飯碗です。

碧黄石らしい細部までこだわった草花の描き込みと、淡い色彩が非常に美しい逸品です。初代雲泉に師事した伝統と技術を感じる飯碗です。

形状が八角のため持ちやすく、またゆがみが手作りのぬくもりを与えてくれるようです。欠けやすいフチにも鉄でコーティングされていますので、永く愛用いただくことができます。

美しい最高級の逸品で、豊かな食事の時間を楽しんでみませんか。

作家:

1951年 和歌山県に生まれる
1978年 初代 雲泉(橋本甚吉)に師事 絵付けを習得
1983年 独立、成形を始めると同時に、形にとらわれない独自の陶彩を絵付したオリジナルの器を発表

「碧黄石の意」
河東碧梧桐という俳人あり、其の書「居徳健人幽」が生家にあり甚く気に入り(作品の代表3色)輝く玉になれと願いを込め碧黄石となる。
※赤(せき)を敢えて石(せき)に置き換えている。

作品詳細

寸法  直径11cm 高さ6.4cm
電子レンジ 不可
食洗機
不可