The only Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki specialty store in the metropolitan area

京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃

京焼・清水焼 木村宜正 翠天目酒盃

Regular price
¥10,000
Sale price
¥10,000
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

作品説明

京焼・清水焼の作家、木村宜正の盃です。

木村宜正の作品はとにかく釉薬のバリエーションが多彩ですが、実はほぼ独学で釉薬の研究をされており、だからこその幅広さ、懐の深さがあります。

本作品は釉薬のバリエーションの中で、「翠」紋による盃となります。日本酒の香りを十分に堪能できる大ぶりの造形に、縦筋が無数に見られる、美しい紋様が特徴的なうつわです。天目釉の最も有名な紋様のひとつに、この縦筋を稲穂に見立てて、「禾目」と呼ぶものがありますが、通常茶色や銀の縦筋のところ、こちらの作品は翠色であることが非常に珍重で独特です。通常の禾目と比較できるよう、組で持っていても面白いのではないでしょうか。

日本人の方はもちろん、近年の日本酒ブームから海外の方への贈り物としても大変喜ばれる作家物です。

世界で人気の高まる天目釉の酒器で、くつろぎのひと時を楽しんでみませんか。


※作品により釉薬の模様の出方が写真とは若干異なる場合があります。ご了承ください。

作家:木村宜正

1968年 京都市岩倉に生まれる

父、兄も陶芸家という一家に産まれたため、幼少期よりやきものに触れる日々を送り、自然と陶芸を志すようになる。

1989年 京都府立陶工高等技術専門学校終了

1992年 木村盛伸父子三人展
日本伝統工芸展近畿展入選(以降毎年)

1998年 人間国宝・清水卯一氏主幹「蓬莱会展」出品

2003年・2005年 日本伝統工芸展入選

2008年KYOTO&LITTLE KYOTO展出品
ANTHONY d‘OFFAY GALLERY(ロンドン)

京都高島屋をはじめ、各地で個展、グループ展

作品詳細


寸法
直径9.4cm×高さ4cm
電子レンジ

食洗機