The only Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki specialty store in the metropolitan area

京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑
京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑
京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑
  • Load image into Gallery viewer, 京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑

京焼・清水焼 高野昭阿弥 色絵祥瑞胴張丸紋 組湯呑

Regular price
¥50,000
Sale price
¥50,000
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Shipping calculated at checkout.

作品説明

京焼清水焼の窯元、高野昭阿弥の組湯呑です。こちらは二客セットの商品となります。

うつわの胴には伝統模様であり、お目出度い意味合いを持つ古紋が交互に描かれた祥瑞柄が、色絵で華やかに絵付けされた目を引く逸品です。そして胴の丸紋の部分が張った形状になっているため滑りにくくなっており、さらに祥瑞柄の部分は捻りに合わせて削ぎが入っているため手にフィットしやすく、使いやすくするための職人の工夫が随所に盛り込まれています。

長寿や繁栄、幸せなどの意味を持つ紋様が数多く描かれている縁起の良いお湯呑ですので、ご自身で使われても、大切な方への節目の贈り物・ギフトとしてもぴったりです。

京都の名工の作品で、休息の時間を豊かに彩ってみませんか。

作家:高野昭阿弥

磁器に草花や古紋等の様々な図柄を繊細に描いています。
その仕事のこだわりは染付から上絵までの絵付作業を一人の職人が行う一貫体制にあります。
通常、分業で行われる工程を一人ですることにより器に統一感が生まれています。
染付の濃淡の調整や多彩な色絵具を駆使し、新しい絵柄の器を作り続けています。

昭和16年 京都府に生まれる
昭和42年 京都市立美術大学日本画専攻科修了
先代昭阿弥の元で25年にわたり研鑽を積む。
平成5年 昭阿弥窯を継承

作品詳細

寸法 大径 7.5cm×高さ8.8cm
小径 7cm×高さ8.5cm
電子レンジ
食洗機 不可