最高峰の急須に酔いしれる ~常滑の急須展~

2018年2月16日


 

 

 

 

 

急須といえば常滑焼。

それほどに常滑焼の急須は古くから多くの日本人に愛されてきました。

常滑焼きは酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応して苦さがとれ、味がまろやかになるといわれています。

しかし現在では、中国で急須の需要が多いため、大部分の急須が中国へ輸出されています。
中国に多くの急須が流れた結果、国内で本当に良い急須を見ることは少なくなりました。

そんな中で、常滑の伝統工芸士が作る最高の急須のみを集めた展示会を青花堂赤坂店で開催します。
開催期間は、2/16~3/17(予定)です。

舜園、甚秋などの伝説的な職人の卓越した技が織りなす最高峰の急須をこの機会にぜひご覧ください。


カテゴリー: お知らせ
ページトップに戻る